本日のレッスン

念願のシューティングゲーム作成にとりかかり始めたHくん。
スプライト(キャラクター)を左右に動かす方法について、プログラミングの組み方を2種類試し、動きも微妙に変わることを学びました。
で、どっちが正解って?
どっちも正解。ハズレはありません。
作るゲームに合わせて、そして自分の好みの動きに調整します。

Kくんは、雨の中、カッパを着て自転車に乗って来てくれました。
でも、なんだか今日は、テキストを進めたくない様子…
バスケットゲームが作りたくなったそうで、設計書を書いていました。

Sくんは、今日でまだ2回目のレッスンですが、プログラミングが楽しくて仕方ない様子。
教室でも自然と笑みがこぼれてしまいます。
ここに通うまで、一度もプログラミングをしたことがなかったというのが嘘のように、今日のミッションも楽々クリア。
オリジナル要素いっぱいの迷路ゲームが完成です。
ゴール部分には、テキストに載っていないユニークな仕掛けも作ってくれました。