こんにちは。こどもプログラミング教室ひなたぼっこの大村みどりです。

中学1年Sくんの作品を紹介します。

ゲームの画面

作品名は、「立体アクション」

フィールドが手前と、奥の2カ所にわかれていて、そこにカー〇ィっぽいキャラが、回転しながら動きまわります。

そのキャラにぶつからないよう、主人公のネコを動かすゲームです。

フィールドや、回転するキャラにグラデーションが使われており

キャラのサイズを変更することで、遠近感も表現されています。

すごいカッコイイ!!

しかも、ゲームの難易度は高め。

「あっ、しまった!もう一回!!」

と、つい夢中になってしまうゲームでした。

レッスン風景

Sくん、「コマーシャルで見たゲームが面白そうだったから作ってみた」とのこと。

「こんなゲームを作ってみよう」と思える力と、それを実現させる力がしっかりついています。